クレアチニン(CRE)を下げる為にはどんな食品が良い??

腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の悪化を食い止める事と、現在の健康状態のキープです。人工透析導入前の保存期の方だったら、食事療法を試みる事で腎不全への進行を遅らせることができ、人工透析を要する時期を極力遅くできます。この他、人工透析を要する状況となっても、体調を維持しながら人工透析に当たるために、食事療法は非常に重要な治療法です。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多くふくまれており、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多くふくまれています。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して造られているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個分と同程度のたんぱく質がふくまれます。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て血流が悪くなり、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。加えて尿と供に排出されて無くなるべき老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)に至るまで、体内で増加し始めます。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。ですから適正な食事療法を行い、水分・塩分・蛋白質・エネルギーについて一定値体内へと送り続ける必要があるのです。ご飯によって獲得し立たんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に流れて分離された末、不要な老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)は尿として体外に追い出されるのです。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)が多くなって、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。浮腫が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品にふくまれる水分量も含めます。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分の制限のみで済みます。この場合の水分制限は病気の状態や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を含んだご飯をつくる場合、細かく切り分けて水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、その種類や調理するときの処理時間や形状・水量により違いが出ます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。腎臓病と格闘する方に有用な、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。これらを上手く活用するのが長続きのコツです。腎臓機能が悪化すれば、今以上に考えてご飯を管理しないとならない状況に陥ります。更に、糖尿病の症状もある場合は血糖値を悪くしないために、エネルギー量にも制限が生じます。ご飯内容は自己流で判断せずに、きちんとした知識をもつ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質の場合分離されれば7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)になってしまうため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分で現すと30~40g程になります。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、からだの中に老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)(毒素)がたまりません。老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。優れた効き目が出た際には、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせる事が可能なのです。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法は、患者自身が自ら積極的に実行できる一番の治療行為です。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)であって、腎臓に達してろ過された後他の老廃物(実は、髪の毛にも食品添加物などの有害な物質が含まれており、老廃物の一種といえます)共々、尿中に排出されるのです。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が落ちてくると、クレアチニン量もその分落ちていきます。その他で言うと、妊娠時には、尿と一緒に出されるクレアチニンの度量が多くなるため、普段よりクレアチニンの値は減少します。
こちらもおすすめ>>>>>クレアチニン 下げる 食事