腎臓の負担を軽減するためには減塩することが大事です

腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。一日に6g未満が、食塩摂取量としては適切とされています。加工品や塩分多めの食品よりも、なるべく生の食品を選びましょう。煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができます。たんぱく質が多く含まれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限が必要な方に適した食品として「低たんぱく食品」が一般に販売されています。管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみてください。一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化させない生活を心がけることでいつもと変わらない健やかな生活を送ることができます。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず日常に支障をきたさないものもあるため、予防がなかなか難しいのも現実です。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、すぐに医師へ相談しましょう。一日の食事の種類や量についてや、また献立の工夫や、さらに食塩の軽減対策などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。腎臓病が徐々に進展してくると腎不全といわれる状態になります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができれば、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。慢性腎不全については、その特性により回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。健康な腎臓機能でなくなると、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減されたため、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身の現状に照らし合わせた治療を受けることができます。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。尿をつくる臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体のために重要な役割を担っています。腎臓の治療はもちろん病院にきて薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもカリウム含有量は極めて高いものが多いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、さらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。。腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管がたくさん集まっている場所です。この腎臓の主な働きはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、あるいは、赤血球を作るホルモンや血圧の調整、骨の代謝に関わるホルモンを作るなどのたいへん重要な役目を司っています。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。例えば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で様々な工夫について知ることができます。開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大事です。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、いわゆる蛋白制限食は不味い、栄養が足りないなどという意見で、実施に及ばない方も多々見かけます。参考にしたサイト⇒クレアギニンEX