腎臓病の食事に過剰なたんぱく質は厳禁

推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。60kg前後を標準体重とすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。開業医さんで食事指導が難しい場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多く含まれています。お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例えば、ショートケーキひとつには卵1個相当のたんぱく質が入っています。食事を元にして得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓の内部で分離され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を維持する上で、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適切な量は摂取する必要があります。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生野菜や素のままの果物に比べてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。一日の食事の種類や量についてや、メニューに関するアイデアや、減塩のポイントなどを教えます。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、腎臓病の悪化を食い止める事と、体調を良好に保つことにあります。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法を試みる事で腎不全の急激な悪化を食い止められ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。この他、透析を要する状況となっても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は非常に重要な治療法です。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に限っては分解されても約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで少なからず腎臓に負担が出ます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が作られ体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、食品の分類や調理を実行する際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。あわせて読むとおすすめなサイト⇒腎臓病 食事 宅配